FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

イギリス情報 ~その5 ロンドン観光情報~

ロンドンの観光については、観光人気都市で、何より大都市ですので、手元に何かしらの観光資料がきっとあると思いますので、簡単に経験上おススメだけお話します。

しかも、今回はあくまで「学会」、勉強のための訪問ですから、観光ばかりしていてはいけませんしね。でもまあ、何度も行けるところではありません、日頃のご褒美としてのちょっとした息抜き、それが国際学会の魅力でもあります

と、みなさん言い聞かせているかもしれません 笑


では、まずはART関係、もちろん「芸術」の方です

・大英博物館 British Museum
・ナショナルギャラリー The National Gallery

・テートモダン Tate Modern
・シャーロックホームズ博物館 Sherlock Holmes Museum

学会の合間に時間があまりないのであれば、多くは行けませんので、このあたりを上から優先的に行くのがおススメ。特に上の2つは必ず押さえておきましょう☆ちなみにロンドンのほとんどの美術館、博物館は無料です
しかも数多くありリラックスできるスペースも多く設けているので、何時間でも過ごせてしまいます。

建築関係は

・ウエストミンスター寺院 Westminster Abbey
・セントポール大聖堂 St. Paul’s Cathedral
・ビッグベン Big Ben
・タワーブリッジ Tower Bridge

・バッキンガム宮殿 Buckingham Palace

上の2つの教会などは値段が高いのがネックで、実はZuuMiiも中に入ったことがありません…
非常に由緒正しき教会ですが、名前がややこしいウエストミンスター寺院。実はもう一つウエストミンスター大聖堂 Westminster Cathedral というのがあり、こちらも少しイスラム調の建築を思わせる非常に面白い建築なのですが少し離れた場所にあります。

時間があれば、ぜひ内部も見てみる価値はあると思います。最近ではウィリアム王子の結婚式が行われ、ダイアナ妃の葬儀が行われたのがウエストミンスター寺院。また、最近サッチャー元首相の葬儀が行われたのはセントポール大聖堂で、こちらはエリザベス女王の結婚式が行われました

ビッグベンは、「ロンドンの観光名所」として思い付く数少ない場所です。こちらは国会議事堂に隣接している鐘塔で、鐘の音を聞いてみる事をおススメします、まさにロンドンにいるという気にさせてくれます。また、夜景が非常にキレイなので、ぜひ日中と夜と両方見る価値大です。

タワーブリッジは、よくロンドン橋と勘違いされますが、橋が上がるのはこのタワーブリッジです。滅多に上がる事はありませんが、こちらも本当にキレイな建造物なので見る価値大です。ここは学会会場から比較的近い場所ですね。

その他の観光スポット

・ピカデリーサーカス (広場) Piccadilly Circus
・オックスフォードストリート Oxford Street
・ロンドンアイ London Eye

・ハイドパーク Hyde Park
・オリンピックパーク Olympic Park
・チェルシースタジアム Stamford Bridge
・ウェンブリースタジアム Wembley Stadium
・アーセナルスタジアム Emirates
・ウィンブルドン Wimbledon

上の二つはセントラルロンドンに入れば必ず通る中心地です。ピカデリー広場はエロスの像がある、ハチ公的な存在で、とにかく人が多く集っています。オックスフォードストリートは買い物好きにはたまらない、デパートやファストファッション、お手頃ブランドの店が並んでいます。このあたりは渋谷に近い感じでしょうか。

ロンドンアイはテムズ川を挟んでビッグベンの斜め向かいにある非常に個性的で大きな観覧車です。いつも混み合っていますが、一度に3-40人程が乗れるゴンドラに乗って上からロンドンを見てみると非常にキレイで感動します。特に夜景はオススメなので、もし時間があるならぜひ夜に乗って欲しいと思います。

あとはお好みで、まったり都会の中の癒しの場、ハイドパークや、サッカー好きにはいくつかのスタジアムなんかもオススメです。サッカーの聖地ウェンブリーや一昨年前のヨーロッパ王者チェルシーの本拠地などがオススメ。丁度現在開催されている、テニスのウィンブルドンもいいかもしれませんが、今からではチケットはとれないでしょう・・・

とまあ、意外にロンドンは名の知れた観光名所がない、というのがこれだけ名の知れた大都市にしては非常に「惜しい」存在なのですが、乗り物や伝統、ブランドなど様々なものは有名なものがたくさんあります。

そういう小さな発見を楽しむのがロンドンの楽しみの一つかもしれません。

Thanks,
ZuuMii

イギリス情報 ~その4 お役立ちサイト集~

関西地方では梅雨の中休みで晴れ間がきれいな一日でした。

本日はイギリス情報シリーズも中休み、いくつか便利なサイトをご紹介します。

まず気になる、ロンドンの天気。

ロンドンはいつも雨イメージがあるかもしれませんが、この7月から8月の短い夏の間は意外とほとんど雨は降りません。

YAHOO ロンドンの週間天気予報

ロンドンは毎年気温差が激しく傾向が読めませんが、今のところ12℃-25℃くらいで推移しそうです。日差しの下では非常に暑いですが日陰や夜は冷え込むので長袖は必須です。

こちらは日本語のロンドン観光情報サイト
ここでは事前に色々な予約をしたり、プランを立てたりすることができ、非常に便利です。

当初予定していた観光情報はこのサイトから確認してみて下さい。
今回は中休みですから 笑

ある場所から目的地への最短の交通情報の検索は
Google mapが便利です。
住所や目的地を入力し、ルート検索を行うと、バスやtubeなどを使った詳細な情報が簡単に得られます。バスの乗継もこれでバッチリです☆

交通情報をもう一つ
コチラはロンドン交通局の公式サイト
このサイトはもちろん英語ですが、電車やバスの始発、終電検索、運賃なども確認できます。

万が一病気やケガをしてしまった場合は、
ジャパングリーンメディカルセンター
こちらはZuuMiiも利用したことがあります、嫁さんが罹りました。ほとんどの海外旅行保険などでキャッシュレスで診察が受けれます。まずは保険会社に連絡し、この病院に罹りたいと伝えれば予約なども全て進めてくれます。
ちなみにスタッフは全て日本人です

ちなみに余談ですが、ヨーロッパのほかの都市に比べてスリなどの犯罪は少ないように思いますが、十分に注意して下さい。ZuuMiiも盗難届を出したことがあります、英語力の問題で地元警察とかなりやりとりが大変でしたが。ですので、病気のこともありますし、念のため保険には入っておきましょう、クレジット付帯のものでも問題ないですが補償内容は確認しておきましょう。

今日は、こんなところでしょうか、明日から7月ですね、もうESHREはすぐそばです、懐かしくもあり、元々ない英語力の低下が激しく、緊張してきました

Thanks,
ZuuMii

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

イギリス情報 ~その3 ロンドン交通事情~

さて、ここのところ連載しているロンドン情報、今回はロンドン市内の交通について写真を交えてお話します。

まず、今回の主要な位置関係ですが、

東端にあるヒースロー空港に到着し、

そこから西に約20km行ったところが繁華街であるセントラルロンドン、

そしてさらにセンターから西に8km程行ったところにESHREの会場EXCEL LONDONがあります。

主要な駅や空港からのアクセスはコチラから

会場のHPはコチラ

まずは、空港からはblack cabを使われる方が多いと思います。

cab1
こちらが、写真は小さいですがラルフローレン前に止まっていたblack cab。まさにロンドン、な一コマ。

cab2
最近は色んな広告がされていて面白いですが、伝統は薄れてきています…

そして、何より早くて便利なヒースローエクスプレス
ヒースローエクスプレス
これは到着したパディントン駅

ヒースローコネクト
こちらはヒースローコネクト、お安く便利な急行列車

heathrow T1,2,3station
こちらがヒースロー駅の乗り場、カッコいいですねー

そして、tubeは安くてセントラルロンドンまでダイレクトで行けます
tube1
これがtube、丸っこくてかわいいやつです、丸いので背が大きい人は結構きつい

tube2
地下鉄ですが結構地上も走ります

tube3
これが内部、オリンピック時のシュールな一コマ

tube4
これを見つければtubeの入り口が傍にあります

券売機
こちらがtubeの券売機
一回券はもちろん一日券や日本のsuicaのようなカードのチャージもできます

オイスターカード
こちらがそのチャージできる、オイスターカード。この写真は現地用ではなく国外購入用。オイスターカードは券売機ではほとんど買えず、窓口で£5くらいのデポジットを払って購入できます。日本と違うのは、カードを使用した方がキップより安く乗れるということと、乗り越し精算ができないので注意が必要です。

記念にもなるのでぜひ購入して、tubeに乗ってお土産として持って帰りましょう☆

この辺りは「地球の歩き方」などガイドブックを参考にして下さい。

このオイスターカード、その他の列車やバスにも使えるので非常に便利です。
バス1
クリスマス頃のメインストリート、本当にきれいです

バス2
ロンドンでは視界にバスが入らないことがほとんどありません

バス3
セントポール大聖堂の前にて。絵になりますね。

バス4
これがダブルデッカーの2階、思い切って観光がてら2階に乗ってみましょう、上からの景色は最高ですよ

乗り方は、バス停で乗りたい番号のバスが来たら手を上げて止めます、そしてオイスターカードを入口でタッチ、あとは降りたい駅が次に迫ったらボタンを押して、止まってくれます。前払い、前乗り、後ろ降りです。

これらをうまく乗りこなして、ロンドン滞在中の乗り物ライフを楽しみましょう。

迷っても、乗り物だけでも十分観光になる街、それがロンドンです

Thanks,
ZuuMii

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック