FC2ブログ
   
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者さん、患者さま、どちらがよい?

未だあの吐き気が怖く、お腹は減れどあまり食べれないZuuMiiです

友人の結婚式を明日に控え、心配になってきました

さて、今日のテーマは、治療を受けに来ている方を形容する時の呼び名、について。一見変な内容ですが、これは昔かんがえたことがあり、意外に深い内容だと思いました。どうでもいいやろこんなこと、と思われる方もいるかもしれませんが、こういうところから考える、それも治療を提供する側の一つのホスピタリティーです。


患者(名前)'さん' か 患者(名前)'さま' か

私、個人的には「さん」派です。いや、「さま」って言われても、なにか固すぎるかなと思います。ですが前職では「さま」を使用していて、これはクリニックの方針でした。そこは、全ての患者様にホテルの様な最高のホスピタリティーを、という理念がありましたので、より丁寧に丁寧に、ということでした。これは、確かにしっかりとした理念があり、この考え方は間違っていないと思いますし、信念を貫き通すことは良いことだと思います。

ただ、私は「さん」派です。治療を受けに来られているクライエントとは、あまり固すぎず、質問などをしやすい程よい距離感を持ちたいと思っているからです。5年ほど前に、ある学会で、不妊当事者が講演をされており、「たまに患者様って言うスタッフがいるけど、そんな丁寧に言われたって好きで患者になってる訳じゃないんです」と言われていました。本当によく覚えています。その方にとって、好きでなっている訳でもない病気で敬って扱われても、いい気分はしない、ということなのでしょう。なるほど、そんな感じ方があるのか、と非常に勉強になりました。

一方で、「さま」と過去に言われていて、別の場所で丁寧な扱いを受けないと気分を害する方もいらっしゃいます。なので、呼び方にきっと正解はないのでしょう。その状況に応じて臨機応変に気持ちのこもった対応をすることが、当たり前かもしれませんが、呼び方なんかよりもずっと大切なのでしょう。治療成績が大切なのは言うまでもないことですが、ホスピタリティーを持って仕事をすることが患者さんの治療満足度を上げることにつながり、これは不妊治療に最も重要なことのひとつだと思っています。

それでも、我々は、患者さん、患者さま、治療を受けている方、不妊当事者、クライエント、などケースバイケースで様々な呼び名を使い分けいくことでしょう。

多くの方はどの様に呼ばれたことがあるか覚えていない、かもしれませんが。

Thanks,
ZuuMii
関連記事
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

Secret

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。