FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胚培養士の資格 〜その1〜

ちょうどW杯開幕まで一年となり、そのプレ大会コンフェデレーションズ杯に出場するため、日本代表はブラジルに旅立ちました。おなじみのメンバーで行っている以上、相手は手強いですが勝ちにこだわって戦ってきて欲しいと思います

さて、本日は胚培養士の「資格」のお話。

これまでにも何度かサラリと、胚培養士は資格を持っていなくても行える、医療の中では非常にグレーゾーンなイメージがあるかもしれない職種です、とお話ししました。

そんな我々胚培養士には、必要な知識と技術を評価される資格が2つ存在します。

日本卵子学会認定
生殖補助医療胚培養士


日本エンブリオロジスト学会認定
臨床エンブリオロジスト



上記の2つの学会からそれぞれ認定されます。
ちなみに卵子学会は、哺乳動物卵子学会という名称から本年度4月より変更になっています。

それぞれ年に1回資格認定試験があり、その試験をパスできれば資格が得られます。

試験を受けるには、前者は大きく3つの条件があります。「日本産科婦人科学会が認定する体外受精の実施施設で1 年以上の臨床実 務経験を有していること」、「関連学会に最近 1 年以内に 2 回以上参加していること」、「委員会が主催する講習会を受講していること」、とあります。

試験は、筆記試験と口述(面接)試験が2日に分けて実施されます。
そしてその後約1ヶ月後に行われる学術集会にて合否発表されます。

後者は、「ARTのラボ業務に1年以上従事していること」、「学会の主催するワークショップに参加し、修了証の交付を2回以上受けた者(または修了証の交付1回と、本会を含むART 関連学会に2回以上参加した者)」、とあります。

試験は、筆記試験と面接試験およびDVD提出による技術審査によって行われます。

2者の大きな違いは、技術審査にあります。しかし実際は、映像での審査や現地での審査は、普段とは異なる環境で不慣れな状況での審査となるため判断が難しいと考えられます。もちろん技術職ですので、技術審査が無い方がおかしいと思われるかもしれませんが、医師も看護師もその他技師の国家試験にも技術審査はありません。将来的には実際に行っている施設で、審査するのが良いのではないかと思います。但し、コストと人員が必要であることが問題で、なかなか行えないのが実情でしょう。

また、資格の継続(更新)には、どちらも資格取得後5年毎に更新の審査があります。学会発表や論文、および学会参加等にて規定のポイントを5年の間に獲得する必要があります。

これらは、国家資格ではなく、あくまで学会の認定で、法的な縛りは何もありません。くどいようですが、資格はなくても業務は行えますし、資格があって初めて出来る様な業務もありません。各種団体が推奨するガイドラインにも資格の有無は明記されていません。

それでは、施設毎に基準を設けて資格がなければ一定以上の業務をさせないのかと言えば、実はそれもあまり聞いたことがありません。資格の有無に関係なく、各施設での技術基準を満たせば行える様になるところがほとんどでしょう。

では、実質資格の取得はあまり意味がない事なのでしょうか?

胚培養士の資格 〜その2〜 へ続く

Thanks,
ZuuMii
関連記事
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

Secret

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。