07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業訪問 〜Carl Zeiss〜

今日は非常に暖かく、平日にも関わらず、春休みも相まって新幹線は色々なツアー客で賑わっています。子連れも外国人も多く、平和を感じる一日です

実は、最近新幹線で移動することが多いZuuMii、今日は東京遠征です。どこに行くかと言いますと、あのカメラをかじったことのある方ならご存知、Carl Zeissの本社に訪問なのです。

目的は、顕微鏡のデモ、です。

本来機械のデモというのは、導入する場所で行うものですが、まだクリニックが完成していないので、場所の問題とサンプルの問題で会社に出向いた方がお互い都合が良かった、という訳です。業者は、本社が東京ならそこから機種を運ぶ手間が省けますし、我々は特定の機械だけではなく、他の機種にも触れることができるんです。しかもあのCarl Zeiss、テンションは上がりますね。こういう機会を度々経験できる今の立場は幸せだと感じています。

zeissビル

ちなもに私は趣味で写真を撮りますが、主にオリンパスなので、カールツァイスのレンズは使えません、残念ながら。ぜひ作って下さいと催促はしておきましたが 笑

zeissレンズ

元々はドイツのレンズメーカ−で、顕微鏡の写りに関しては非常にいいものがありますし、安価なグレードでも非常に良い印象を先のデモで受けていました。あとは実際の使い勝手と、実際の臨床に即した細かい要求にいかに対応可能かどうか。


実は顕微鏡の用途で不妊治療分野というのは非常にシェアが少なく、メーカーによってはほとんど力を入れていないことが少なくないのです。ですので我々の目的には使い勝手がイマイチのものもあります。モノはいいのに、使えない、そういうところに現場のユーザーの声をしっかり聞いて改良して頂けるメーカーは本当に自社の製品を愛しているんだなと思います。

私は機械が好きなので、家電を買う時などはしっかりと下調べをして買いに行くのですが、店員さんの知識があまりない時はがっかりします。「その売り場を任されているプロなんだから製品の情報くらいは頭に入れておいてよ」、と言いたくなります。その場しのぎの適当な返事もよくあります。我々の世界で、質問に答えられないと、どうなるでしょう。患者さんからの信頼を失いますよね?当然すぐに答えられないものもありますが、上司に確認するか、前向きに、必ず答えられるよう調べるべきです。

まあそれはともかく,今日は最新の機種も確認でき、非常に要望に応えたいという強い思いが感じ取れ、非常に有意義でした。ツァイスさんは日本の不妊治療業界ではシェアが非常に低いのですがぜひがんばって頂きたいです。ありがとうございました。

実際ショールームに行ってみると、様々な正立顕微鏡、倒立顕微鏡、実体顕微鏡などを様々なオプション込みで準備していてくれました。本当に触って議論して楽しかったです。使えそうなもの、まだまだこれから改良の見込みのあるもの、色々でしたが、触ってみてそれが初めて分かります。ステージを動かすギア一つにしても、右にあったり、左に付け替えれたり。付け替えれても普段と逆方向に動いたり。何故かX軸(左右方向)とY軸(上下方向)を動かすギアが上下反対についている仕様があったり。何か意味はあるのでしょうけど、我々の現場としては使えないですね。スピードが命の業務で、ある顕微鏡だけ操作が逆になるなんて確実に操作が遅くなってしまいます。

zeiss lab

そういう時に、改善策や意見を取り入れてくれる、こういう姿勢が非常に好感を持てました。長時間でしたが、楽しい時間をありがとうございました。

今日は、何十回も新幹線に乗っていて初めて富士山がキレイに見え感動しました。早く世界遺産への登録が認められるといいですね

富士山

Thanks,
ZuuMii
関連記事
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

tag : 顕微鏡

Secret

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。