FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年度の体外受精出生児

先日、梅田で設計の会議がありました。設計から工事にかかるまで、本当に本当に多くの苦難が待ち受けている事を聞いてはいましたが、少しその洗礼を受けた感じがしました。まだ、工事は始まりませんが、出来る限り運用し易く、患者さんが過ごし易い居心地の良い空間でありながら、初めての試みも取り入れた先進的なクリニックにしたいと思っています。

3歩進んで2歩下がる、確実に前に進んでいます


さて、今日の話題は前回の延長戦、日本の体外受精のデータ、特に体外受精で生まれているお子さんの人数の推移についてお話します。

みなさん、体外受精で生まれるお子さんは毎年どのくらいいるかご存知ですか?

いや、そもそも日本全体で一年間で何人子供が生まれるかご存知ですか?

そしてその子たちは、毎年増えているのでしょうか、減っているのでしょうか?

ART出生児数の年次推移

まず2010年に生まれた子供は1,071,304人と、これはご存知の通り、例年徐々に減少してきています。では体外受精ではどうでしょうか?2010年に治療を受けて生まれたお子さんは、28,945人です。多いでしょうか、少ないでしょうか。日本産科婦人科学会によるデータ収集が始まって以来、一度も減少しておらず、常に右肩上がりで増え続けています。日本では1983年に初めて体外受精に成功し、1995年には5,687人と急激に増え続け、当時200人に1人という割合でした。そこからさらに増え続け、1999年には100人に1人となり、2005年あたりで一度勢いが弱まりましたが、ここ3年間で再度急激に上昇しています。そして今では37人に1人という割合が体外受精によって誕生したお子さんということになります。

これは非常にすごいことで、我々が学生の頃の1クラスの人数がそのくらいでしたので、クラスに1人という割合にです。さらに、まだ数は増えそうな勢いです。

これは体外受精に限っての話ですので、不妊治療全般でみると、相当数の方が治療をされ、子供を授かっている、ということになります。

この背景は色々と考えられます。
晩婚化の影響で、妊娠しにくい人が増えた。
・不妊治療を受けることに対する抵抗感が弱まった
・不妊治療の技術が向上した
これらの要因が重なり、今に至る訳です。

もちろん、体外受精は100%の治療ではなく、治療した結果子供が得られなかった方もたくさんおられることを忘れてはいけません。まだ技術の向上の余地は残されています、我々はそこを1%でも上にあげるために、日々試行錯誤しております。

Thanks,
ZuuMii
関連記事
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

Secret

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。