FC2ブログ
   
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症の胚培養士は大丈夫?

今日も一つ向こうの山がかすんで見えません。黄砂でしょうか、PM2.5でしょうか、花粉でしょうか・・・

急に暖かくなって、みなさん花粉症になっていませんか?私は目がかゆく、くしゃみが出て、鼻水が出始めています

さて、今日は教科書に絶対載っていない、患者さんも絶対に聞けない培養室裏話をお届けします。

花粉症は日常生活でも煩わしいものですが、細かい作業を必要とする人には、思いもよらない影響を与えるかもしれません。もし運転中だったら、くしゃみでアクセル・ブレーキを勢いよく踏むと事故に繋がることがあるかもしれません。

では胚培養士の仕事はどうでしょう。

日本ではマウスピースというものとガラス管をつなげたもので、口からの呼吸の強弱で受精卵・胚を操作している施設が多いです。もちろん作業中のくしゃみや鼻づまりは操作に影響を及ぼしかねません。もし口に繋がった状態でくしゃみをすると、胚の入った液の中は、泡ぶくだらけになり、最悪の場合失くしてしまうでしょう。一部の施設ではマウスピースを使わず、指の操作で胚の移動を行っているところもありますが、どちらにせよくしゃみの勢いで、ガラス管をぶつけて、失くしてしまうかもしれません。鼻づまりはどうでしょう、作業中口で息をするのが難しいので、徐々に苦しくなり、作業にタイムロスが出るかもしれません。我々胚培養士もただの人です、くしゃみ・鼻づまりを完全に防ぐことは出来ません。

卵を預けている方は、心配ですよね?

この時期は、体外受精、しない方がいいんじゃないの?
そんな意見も聞こえてきそうですが・・・

結論
大丈夫です、もう長い間見てきましたが、それが原因で受精卵を失くしてしまったケースは見たことがありません。極端に操作時間が長くなっていることもありません。

まず第一に、対策として、培養業務に関わる部屋に花粉やハウスダストはほぼ入りません。入っても室内循環の空気清浄も働いており、培養室のクリーン度は非常に高いものです。これはまた後日お話します。

第二に、くしゃみは致命的なところでは起きないものです。こんなことは論文にも書いていませんし、医学的根拠もありませんが、集中していればあまり起きません。まれに起こっても、反射的に口から離しています。これは対策を習ったりした訳ではありませんが、みなさん対処されています。あまりにひどい場合は、その業務から自ら離れている場合もあります、患者さんに影響をが出る可能性がある場合、石橋は叩かず、橋も渡りません

という、あまり根拠のない情報をお届けして、結局安心できません、と思われるかもしれませんが、我々は受精卵を預かるプロフェッショナルですので、安心して胚培養士を信じて預けて頂ければと思います。

Thanks,
ZuuMii
関連記事
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

Secret

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。