04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加レポート〜第32回受精着床学会in東京〜

みなさま、夏真っ盛り、な日々をどうお過ごしでしょうか

九州地方に台風が接近して数便の飛行機が遅延していた7/31と8/1に、新宿にあるハイアットリージェンシー東京では受精着床学会が行われていました。

この学会は、日本の生殖医療分野では非常に大きな学会で、新知見の発表や、活溌な議論が行われます。

もちろん、非常に大きな発見というものは、日本語の学術集会ではなく、世界大会や論文をもって初めて世の中に出る、ということが、医療や研究の分野ではほとんどではあります。

それでも、日本は世界でも有数のART(体外受精)実施国ですから、国内の大会のレベルも高いのは間違いありません。

今回は当院が開院してから初の大会ということでしたが、3題の演題を口頭発表してきました。

受着2
発表は初めてでしたが、無事に終了、お疲れ様でした
この経験は胚培養士としても、イチ社会人としても更に成長させてくれます

受着1
参加者も演題数も多く、素晴らしい大会でした
あえて、あえてですが、ZuuMiiブログらしく注文を付けさせて頂けるとしたら・・・企業ブース兼休憩スペースがもう少しあれば、ゆったりと、ブースを見て回れたかな、と思います。休憩時間は行き場がなく廊下に人が溢れ、ディスカッションできそうな場所がほとんどありませんでした。

受着3
昔はこういうの恥ずかしくてあまり撮った記憶がありません

石川医師が、
・無精子症患者における Y 染色体微小欠失(azoospermia factor: AZF)の検討

胚培養士からは、
・当院における精巣内精子採取術 (TESE) の成績と培養成績の検討
・新鮮精巣内精子を用いた ICSI が有効な症例はあるか?
という2題でした。

胚培養士からの2題を解説しますと、
・TESEにおける精子の回収成績は、これまでの石川医師が報告してきた成績と当院での成績は同等であった。
TESE-ICSI後の培養成績は閉塞性無精子症、非閉塞性無精子症、クラインフェルター症候群、超高度乏精子症では大きな差はないが、非運動精子を使用する症例が多かったクラインフェルター症候群で胚盤胞発生率が低かった
fresh TESE-ICSIとcryo TESE-ICSIでは、全体で見ると培養成績には差が無かった
fresh TESE-ICSIにおいて正常形態精子や運動精子が極わずかしか得られなかった症例で妊娠が見られ、fresh TESE-ICSIが有用であったと思われる症例も少なくなかった。

非常に簡単ではありますが、要約するとこのような感じです。

これらの発表は新知見という類いではなく、多くの経験からデータを解析することで、治療を提供する際の情報提供にでき、患者さん自身が治療の選択をする際の参考になる、という内容です。

研究や臨床成績で、「差が無い」ということに多く出会いますが、これは発見にならない意味の無いデータではなく、差が無いことを確認することも非常に重要なことなのです。

例えばfresh TESEで考えると、成績に差は無くても、1人でも多くの人が子供を授かれればそれは意味のある治療です。但し、その裏には精子を採取できないリスクもあるのです。データで差が無い場合では、その様な利益や侵襲などの側面が、より考慮されることとなります。

TESEについてはコチラ

これからの経験をさらに解析して、より有益な情報を発信していくことは我々の使命でもあります。

Thanks,
ZuuMii
関連記事
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

白田学香さんとやらへ

いい加減にしてください。
このブログは真摯に不妊治療に当たっておられる医療従事者による貴重な情報提供の場です。
私は、リプロでお世話になっています。
誰でもコメント書けるからと言ってくだらないことで水を差すのはやめてください。

Re: 白田学香さんとやらへ

すみません、不快な気分にさせるようなコメントがありまして。最近どんなネットの媒体でもこの手のものが多いんです。拒否の仕方も分かりませんし・・・きっとランダムにどんどん送られて来るのでしょう。クリニックが軌道に乗るのと反比例してブログを書く回数が減ってしまってますが、これからも少しでもためになることを提供できればと思います。
Secret

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。