01
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体外受精で生まれた児について 最新2014年版

みなさま、お久し振りです、ZuuMiiです。

どの程度ご無沙汰かと申しますと、なんと、ちょうど2年ぶりとなります。

リプロ大阪が開院してから40ヶ月が経ちますが、その中での24ヶ月ぶりです、時の経つのは早いもの、の域を超えていますね。

良くも悪くも、社交辞令も含めて、「ブログ更新して下さいよ」、「楽しみにしていました」と言われます。関係者が特に多いですね。はい、ご指摘の通りサボりかもしれませんが、止まっていた理由は2つ、ハッキリしています。また機会があればお話しします。単純ですが、しっかりとした理由だと私は思っています、言い訳ですが。

ですので、気付かれず、ひっそりと、何も無かったかのように再開します。本当は書きたいこと、皆さんに伝えたいことはたくさんあるのです。

さて表題の、「2014年に体外受精で生まれた児について」です。

グラフを見ていただくのが一番わかりやすいと思います。

2014 ART


日本で、100万人を切ろうかとしている出生児数に対して、右肩上がりで伸び続けるART出生児数を示したグラフです。

2014年は47,322人のお子さんが体外受精によって誕生し、全出生児に対する割合は21人に1人、になりました。

体外受精の技術を使用して生まれた割合です、不妊治療全体ではありません。この47,322人という数が多いのか少ないのか、人によって意見は分かれるかもしれませんが、増加していることは確かです。

2014年のARTの生データはコチラ

前回の記事、2年前なので継続性が疑われますが、あえて継続させると、

10年前の50-60人に1人の割合の時に比べると、「不妊治療をしていること」を周りの人に打ち明けやすくなったとは思います。

しかしこれは、あまのじゃくな私が聞いても、珍しく素直に?首を縦に振っていましたが、「実際に体外受精によって生まれた子を、''この子は体外受精で授かったんです''とは言えない、と言われる方が多いです」と、NPO法人Fineの松本亜樹子さんは言われていました。まさにその通りだな、と思います。

NPO法人Fineの紹介はコチラ

「体外受精で生まれた」ことはあえて言うことではないかもしれませんが、割合がこれだけ増加し、社会の不妊治療の認知度も向上してきた中であっても、このような会話が比較的自然にできる社会ではない以上、体外受精はまだまだ特別なことなんだな、と感じました。

我々関係者は、この割合を引き合いに出し、「現在では体外受精は特別なことではない」、とお話をすることがあります。しかしこれは、治療を受けた方々、社会の感じ方と少し解離があるかもしれません。

不妊治療の提供者、現代のエンブリオロジストの重要な仕事の一つに、正しい体外受精の知識を社会に広めること、があると思っています。現在では全国で2000名程度従事していると言われていますが、一人一人がプロとして自覚を持って全うしていければ、より治療を受けやすい社会・環境になっていけるかな、と思っています。

ZuuMii
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。