06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
13
14
16
17
18
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加レポート〜第33回アンドロロジー学会in軽井沢〜その2

さて、W杯の熱い熱い想いを間に挟み、今回は学会参加レポート第2弾。

軽井沢でのアンドロロジー学会参加のお話

レポートその1はコチラ

この学会で、ZuuMiiと石川医師がシンポジウムでお話する機会を頂きました。

シンポジウム3「ART における精子回収法を極める」

ZuuMii
胚培養士の立場からみる精巣精子採取術(TESE)―生殖細胞の鑑別と術者への要望―

石川智基
精巣精子採取術(TESE)の環境整備ならびに胚培養士との連携

プログラムはコチラ

このような内容でお話してきました。

ZuuMiiのまとめスライドだけですが、一部を載せておきます。

アンドロロジー1

アンドロロジー2

アンドロロジー3

アンドロロジー4


どちらの発表も要約すると、

TESE ICSIは比較的難度の高い治療であり、多くのクリニックで行われている

患者さんはその施設の医師や胚培養士を頼って治療を受けに来ているので、その患者さんのためにもっとできることがあるはず

それは、
精子探索のための設備投資と工夫
医師と胚培養士の連携の向上
スタッフ間の情報共有と患者さんへの正確な情報提供

我々は短期間ではありますが、世界でもすでに有数の(おそらくこの期間では一番多い)症例数を経験していますが、開院してまだまだ9ヶ月ですし、技術や成績の向上への余地は残されていると思います。

取り組みや考え方をこの様な機会でどんどん外へ発信し、取り組みを広げて、さらにその広がりから新たな考え方や技術の改良が進み、フィードバックを繰り返すことで日本全体でのレベルアップにつながると考えています。

ご意見、ご質問があればぜひ頂ければと思います。

ZuuMiiにとってはこれが初めてのシンポジウムで、最初は緊張して噛み噛みでしたが、話したいことはお話できたかなと思います。少し勢い余ってスライドを作り過ぎ時間を超過してしまったことをお詫び申し上げます


また、シンポジウムの当日の朝に、患者さんからのご相談メールで、TESEを受ける判断までに治療施設のたらい回しに近いことになり、数ヶ月を要したお話を伺い、残念な気持ちになりました。

不妊治療は年齢が大きく関係するので、スピードが重要なケースも多い中で、まだまだこの様な状況が起こり得るのか、と。

治療を提供する側それぞれに様々な事情があることは、いちギョーカイのスタッフとして非常に良く理解できます。ただ、その事情は医療者側の事情であって、患者さんには関係のないことです。その治療を提供する受け皿を構える以上は、できる限りの手を尽くして、治療に当たるのが責任だとも思います。それが困難であれば連携できる施設の情報を提供すべきです。

胚培養士の立場としてはなかなかに恐縮で、あまり大それたことは言えませんが、我々は患者さんの人生を左右し得る仕事なので、少しでも改善できることがあるのであれば声をあげていきたいと思います。

Thanks,
ZuuMii
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

日本vsギリシャ 0-0

日本がため息をもらしたこの日、実は世界からもなかなか厳しい評価を頂きました。

試合直後のスタジアムのブーイングもそうですし、イタリアやスペインの有名なサッカー誌では「今大会最も退屈な試合」という評価が多く見られました

日本のサッカー関係者にも、その評価に対する反対意見はほとんど見られませんでした。

それほど、今回の結果と、試合内容が良くなかったということです。

ヨーロッパで頂点にも立ったことのあるギリシャと引き分け。それがそんな悪いことなのか。

問題は、2点。

相手は早々に1人退場になって、10人に対してゴールをあげられなかった。

決定的なシーンはほとんどなし、スピード感もなく、相手ゴールを割るんだ、という気迫・迫力も感じられなかった。


結果的に、引き分けを狙いに行ったギリシャとそれにまんまと付き合うことになった日本、という構図。

1試合目に、日本らしいサッカーをするべき、と教訓を得たと思いましたが、むしろ1人退場してボールを持ち易い環境になったことで、相手に合わせてしまい、ゆったりとした流れを作ってしまった。そしてゴール前を固める身長の高い相手に単純にクロスを上げ続ける単調な攻撃、まさに相手の思うつぼでした。

内田選手も言っていましたが、相手が1人減ったことで嫌な予感がした、つまり守備重視のチームがより意識を守備に集中して、得点を取り辛い状況になってしまったということです。

それでも、ZuuMiiはまだまだ信じています。

日本は弱いから現実を見て諦めろと言う人も多くいます。その人たちの多くは、勝てる雰囲気を楽観的に報道していたメディアにも矛先を向けています。

現実を理解することと諦めることは違います。

試合直前のチームが、俺ら弱いんで現実を見て諦めます。とか、メディアが試合直前に、たぶん負けるけど放送はするので厳しい目で見てね、なんて言うでしょうか?誰かハッピーな気持ちになりますか?

批判するならその対策をあげないといけませんし、諦める前に信じて応援をするべきでは?今は大会一年前ではなく大会は始まっているので、批判は何も生み出しません。

選手は誰も諦めていないと信じてるし、今はそれを応援するのがサポーターだと、こういう状況だからこそ思います。

これまでの試合を見ると完全にコロンビアに勝てる見込みを感じないかもしれませんが、勝てるだろうと思われたチームが勝てないことが多いのもW杯ですし、コスタリカの様に「死の組」で強豪を押しのけ突破したチームもあります。

スタッフにも「熱い・・・」と言われる始末ですが、4年間の想いが溢れ、つい語ってしまうサッカーの話題。最後は意地を見せて、戦う姿勢を見せて欲しいと思います、そうすれば結果は得られるでしょう。

批判することは簡単です。
みなさん、信じて応援しましょう

Thanks,
ZuuMii

日本vsコートジボワール 1-2

やはりショックはかなり大きいですね、敗戦の

4年に一度ですから・・・

試合後に香川選手も言っていました、4年間準備してこれではダメだ、と。選手だけではなく、サポーターもこの日を楽しみに準備をしてきたのです。

もちろんこれまでの過程が結果に結びつくかどうかは別問題で、どの世界でも同じです。

ですが、これも長谷部選手が言ってましたが、何より日本の「らしさ」「これまでやってきたこと」が全くできたいなかったことが悔しい、と。まさにその通りで、もちろん大会は結果が全てですが、敗戦の悔しさだけではなく、自分たちへの苛立ちすら感じてしまいます。


敗因は色々あります。

単純な実力不足、相手より弱かった

内容、結果から見るとそうかもしれません。

ですが、明らかに日本のデキは、普段強豪と対戦していた時のそれとは大きく異なっていました。最近の戦いは強豪でも恐れずにどんどん攻める、失点しても取り返せる自信が日本代表にはありました。

この日の日本は珍しくそうではなかった。

勇気がなかった。

先制して少し消極的になった。

前からボールを奪いに行けなかった。

DFとMFがずるずる後ろに下げられてしまった。

DFとFWの間が広く空いて間延びしてしまった。

ボールを奪って前に出しても間延びしていて出しどころが無く、パスミスをして奪われた。

後半途中から、英雄ドログバが出てきて、意識をそっちに持っていき過ぎた。

長谷部を交代して守備力が低下した。

失点した後は体力を失った状態で前に行けなかった。

軽いパニック状態に陥った日本は、ポジションもいつもと違う本田をワントップにした。

さらにいつもと違う攻撃、ゴール前にロングボールを送り続ける「パワープレイ」という戦術をとり始めた。

という一連の負の連鎖から抜け出すこと無く、本田のゴール以外に全く見せ場を作れず、得意の左サイドの攻撃や中央への縦パスが皆無、という試合内容になってしまったのです。

もちろん結果論の話ですが、完全に日本対策を練られていて、それに対する策を試合中に修正できなかった、ということです。

2試合を終えて、前回王者スペインが敗退しました。これがW杯です。何が起こるか分かりません。

あと数時間で2試合目のギリシャ戦が始まります、いつものサッカーを魂込めて実践すれば、必ず勝てます。

応援しましょう

w杯3
W杯期間中のイベント
グランフロント大阪北館ナレッジキャピタルにて

w杯2
すでに予約は締め切ってますが、
パブリックビューイングを行っています

w杯1
こちらは神戸ノエビアスタジアムのパブリックビューイング
史上最多の入場数だったのではないかと思いますが、初戦のみでした

Thanks,
ZuuMii

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。