10
1
2
3
4
5
6
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Swedenよりスペシャルゲスト

ここにきて再度ブログに前向きに取り組み出した、どうもZuuMiiです

今日は開院後初めての海外からのゲストを紹介致します。

10/11から13日にかけてスウェーデンのヨーテボリからスペシャルゲストが来院しておりました。

そのゲストとは誰かと申しますと、スウェーデンの非常に歴史ある不妊治療クリニックの院長、婦人科医のDr.GÖRANです。

今回彼は、当院の男性側の手術である精巣内精子採取術 TESE の様子を勉強しに来日されました。

男性不妊担当の石川医師とはデンマークのあるミーティングで知り合い、それ以来お互い治療について熱く語り合う仲間です。私ZuuMiiも、2011年にストックホルムで行われた学会の際にヨーテボリの街を訪れ、クリニックと観光案内をして頂きました。また、その少し前には、ZuuMiiが以前勤めていた施設に胚培養士の方々と見学に来られ、当時全くできなかった英語で必死に説明したのを覚えています

ですので、今回でお会いするのは3回目でした。

彼は婦人科医ですが男性不妊の手術も多く手がけており、我々の「夫婦一緒に不妊治療」というコンセプトに非常に共感されていました。

Dr.GÖRAN2
せっかくの機会ですので講演をして頂きました

講演の内容を少しだけ・・・

スウェーデンのART件数は17,000件日本の150,000件と比べて少ないが、全体の出生児数から見た割合は、日本の「37人に1人」の割合とほとんど変わらない、ART大国の一つであること。

施設数は16しかなく、日本の約600の施設数とは大きく異なる。

日本の「治療に補助金が出る制度」(対象患者が広く助成費用が浅い制度)の代わりに、「治療費完全無料の制度」がある。これは各ヨーロッパ諸国と同様で、回数を制限したり、治療する患者さんを特定の年齢や治療方法に限定する、対象患者が狭く助成費用が深い制度である。

クリニックは夏休み1ヶ月、冬休み1ヶ月程あり、その間は休暇が与えられる、日本のサラリーマンからするとうらやましい限りである 笑

治療の方法は日本と大きくは変わらないが、これも他の欧米諸国と同様に、凍結融解胚移植は主流ではない

今後の課題として、IMSI、PGS、精子DNA Fragmentationの影響、培養液の検討、タイムラプスの応用等が挙げられる。

などなど、他国の情報は文化や考え方の違いなど非常に興味深く、楽しい講演でした。

Dr.GÖRAN3
もちろん英語での講演ですが、ほぼ全スタッフが参加して、海外の施設の体外受精の状況に興味振々で聞いていました。診察の合間に待合ロビー兼ミーティングルームでの講演でしたが、その間に来院された患者さんは驚かれたと思います、ご迷惑をお掛け致しました

Dr.GÖRAN4
こういう写真は非常に貴重で良い記念になりますね

Dr.GÖRAN1
手術の見学を終えた後、松林院長行きつけのお店で、日本流の「お・も・て・な・し」。この光景は少し違和感がありました 笑

この期間に多くの手術があり、その際は頭上で英語が飛び交っており、これまた患者さんは驚かれたと思います、申し訳ありませんでした。

次回は、2年前に訪れたヨーテボリのクリニックを紹介します。

Thanks,
ZuuMii
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

We Are Embryology Team!

さて、10月も残りわずかになりましたが、未だ直、台風が来襲し続ける日本列島
ここのところ毎年のように、「記録的な・・・観測史上最大の・・・」という言葉をニュースでよく聞きますが、地球レベルで気候が変化しており、やはり異常気象なのでしょうか。

さて、本日のWe're Emb、ですが
ついにブログタイトル通りの記事を書く事になりました。

そう、
We Are Embryology Team!
ということで、ラボのスタッフをご紹介しましょう。

ラボスタッフ2

現在、エンブリオロジストは4名体制で培養業務に携わっております。
新年明けてからは経験豊富な新たなスタッフも仲間入りする予定です。

ZuuMiiは写真右から2番目、現在医師を除いて唯一の男性スタッフです。

女性の胚培養士の詳細は、彼女達の承認が得られてから(笑)、それぞれの詳細を間もなくホームページ上でアップする予定ですので期待してお待ち下さい

4名とも各種学会の認定胚培養士の資格を有しており、3名はIVFコーディネーターの資格も持っております。

施設によっては、あまり胚培養士が患者さんと話をする機会が無いこともありますが、当院では出来る限りの説明を我々が行えるようにしています。やはり、この道の専門家として直接お話する機会を設けて、患者さんにより理解を深めて頂き、納得した上で治療をして頂く事が妊娠治療を望む上で非常に重要だろうと、ZuuMiiと松林院長、石川CEOとでよく話をしています。

卵子、精子、受精卵に関する事はもちろん直接お話・ご相談致しますし、治療に関する事で気になる事、不安に思われることがあればどんどんお話し下さい。

今回はサラリとEmbryology Teamを紹介致しましたが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

Thanks,
ZuuMii

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

培養室ができるまで☆

前回もお話しましたが、本日は、やっと快適な住み心地となった、培養室 (通称Lab: ラボと読みます)についてさらりと説明致します。特に今回は培養室が出来上がるまでの道のりについてお話します

1. 培養方法・技術のポリシーを考える
2. その培養室には何が必要
3. それに合わせてどのようなレイアウトにすべきか
4. ポリシーに乗っ取った建築素材と設備を整備する
5. ベクトルを揃えられるスタッフを集める

順序は逆転する事もありますが、ラボを造る際に重要な事項です。

ただ、今までこうしてきたから、他はこうしているから、その通りに造ってみよう、ではいけないのです。あくまで、この治療分野は発展途上で、機械も培養液もその他の消耗品も技術も、まだまだ未完成で分からない事が多く存在しています。そのため日々新製品が登場し、新しい技術も誕生します。

それに対応できる、5年後10年後も見越したラボを造る事、それをまず初めに考えて、ポリシーを定め、細かいこだわりを多く持って、計画をスタートさせました。

ZuuMiiを良く知る人物からは、典型的なA型と言われます。自覚もあります 笑

血型で決まるはずはありませんが、培養室に少なからずこういう細かいコダワリを持った人間は必要だと思います、とあえて言っておきます、業界の方から反感を買い炎上するかもしれませんが・・・

ポリシーについても次回以降にとっておき・・・


ラボ1
建築を始めた当初7月はまだまだどこに壁が出来るかも分からない状態

ラボ2
それが8月上旬には部屋に

ラボ3
そして中旬についに内装が、ここにもコダワリあり

ラボ4
設備が入り始め、開業に向けて大急ぎで設置しています

ラボ5
今回多くの機器に関わったorigio社のMr.Rue、本国デンマークからぜひ設置しに来たいと名乗り出て来られました

ラボ7
これが主に卵子・受精卵を扱う「IVF Lab」の第一弾完成系

ラボ8
こちらは内覧会の様子、実は写真の一番奥にもコダワリがあります

ラボ9
こちらはいわゆる精子調整室「Sperm Lab」です

ラボ10
精液検査や治療用の精子を調整する部屋です

これまでに幸運にも国内外を問わず、大きなラボを見学する事ができ、そこで得た貴重な情報と、今までの経験もミックスし、取捨選択し、多くの「コダワリを持った全く新しいラボ」を造る事ができました。

今後はその詳細をお話できればと思います。

Thanks,
ZuuMii

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。