FC2ブログ
   
07
6
7
8
9
10
11
12
14
15
18
19
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ESHRE in London 〜学会会場編1 プレ学会と発表会場〜

もうすでにロンドンから帰国し、灼熱の太陽の洗礼を受けている、どうもZuuMiiです

本日から、ロンドン滞在記をお届けします

初めはやはり学会参加ですから、もちろん学会会場と学会発表の様子、そして本大会前日に行われたプレ大会について写真を使って雰囲気を伝えたいと思います。

学会会場のロンドン東の果て、London City Airportのすぐそば、ExCeL Londonというところで行われました。東京で言うところの東京ビッグサイト、大阪で言うところのINTEX大阪といったところでしょうか。この辺りにもホテルは多いですが、セントラルロンドンからは約1時間弱のところと、場所は少し不便な所でした。

グレーの地下鉄ジュビリーラインに乗って、無人電車DLRに乗り換えて辿り着きます。

DLR
こちらがドッグランド・ライト・レイルウェイ DLR 初めて乗りました。

welcome
''Welcome to ESHRE in London''

registration
ここがまず始めに来る場所registration zone
ここで受付をして、冊子や名札などをもらいます。事前参加予約をしていない人はここで支払いも行います。ちなみに事前に予約していないと、参加費は倍くらいかかります、その額なんと€400〜800

pre
こちらがpre congressの案内板

excel1
会場の外観

excel2
昼休憩時は日本の学会と違い、プログラムはありませんので、外で日光浴をしながら食べる人が多かったです。かなり暑いんですけどね・・・日本ではランチョンセミナーといって、昼ご飯を食べている間も講演を聞くことが多いです。。。文化の違いでしょうか?

メイン会場
コチラはメイン会場、大きいだけでなくデザインも照明も凝っています。ここで発表しなければ

サブ会場2
サブの会場もいくつかありますが、それでも大きなモニタをいくつも置いてある大きなもの

サブ会場1
こちらもサブ会場。内容はESHREのPGDの成績

Munich 2014
会場の出口には、See you next year in Munich の垂れ幕。
来年2014年はドイツ、ミュンヘンで行われます
こちらも楽しみですね。

ちなみに、再来年2015年はポルトガルのリスボンに決まりました。こちらも非常に魅力的で、ぜひその壇上に立っていたいと思います

こういう学会に参加する事は本当に自分のモチベーション上げる事に繋がります。新しいクリニックでは積極的に発表、そして参加も促していきたいと思います。ここでしかできない、勉強と経験、出会いが海外の学会にはあります

発表内容に触れなくて申し訳ないですが、ホームページ上で確認できますのでそちらでご覧下さい。
ESHRE 2013 プログラム

Thanks,
ZuuMii
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック