06
2
3
7
8
9
10
11
15
16
17
18
19
20
21
26
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス情報 ~その4 お役立ちサイト集~

関西地方では梅雨の中休みで晴れ間がきれいな一日でした。

本日はイギリス情報シリーズも中休み、いくつか便利なサイトをご紹介します。

まず気になる、ロンドンの天気。

ロンドンはいつも雨イメージがあるかもしれませんが、この7月から8月の短い夏の間は意外とほとんど雨は降りません。

YAHOO ロンドンの週間天気予報

ロンドンは毎年気温差が激しく傾向が読めませんが、今のところ12℃-25℃くらいで推移しそうです。日差しの下では非常に暑いですが日陰や夜は冷え込むので長袖は必須です。

こちらは日本語のロンドン観光情報サイト
ここでは事前に色々な予約をしたり、プランを立てたりすることができ、非常に便利です。

当初予定していた観光情報はこのサイトから確認してみて下さい。
今回は中休みですから 笑

ある場所から目的地への最短の交通情報の検索は
Google mapが便利です。
住所や目的地を入力し、ルート検索を行うと、バスやtubeなどを使った詳細な情報が簡単に得られます。バスの乗継もこれでバッチリです☆

交通情報をもう一つ
コチラはロンドン交通局の公式サイト
このサイトはもちろん英語ですが、電車やバスの始発、終電検索、運賃なども確認できます。

万が一病気やケガをしてしまった場合は、
ジャパングリーンメディカルセンター
こちらはZuuMiiも利用したことがあります、嫁さんが罹りました。ほとんどの海外旅行保険などでキャッシュレスで診察が受けれます。まずは保険会社に連絡し、この病院に罹りたいと伝えれば予約なども全て進めてくれます。
ちなみにスタッフは全て日本人です

ちなみに余談ですが、ヨーロッパのほかの都市に比べてスリなどの犯罪は少ないように思いますが、十分に注意して下さい。ZuuMiiも盗難届を出したことがあります、英語力の問題で地元警察とかなりやりとりが大変でしたが。ですので、病気のこともありますし、念のため保険には入っておきましょう、クレジット付帯のものでも問題ないですが補償内容は確認しておきましょう。

今日は、こんなところでしょうか、明日から7月ですね、もうESHREはすぐそばです、懐かしくもあり、元々ない英語力の低下が激しく、緊張してきました

Thanks,
ZuuMii
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

イギリス情報 ~その3 ロンドン交通事情~

さて、ここのところ連載しているロンドン情報、今回はロンドン市内の交通について写真を交えてお話します。

まず、今回の主要な位置関係ですが、

東端にあるヒースロー空港に到着し、

そこから西に約20km行ったところが繁華街であるセントラルロンドン、

そしてさらにセンターから西に8km程行ったところにESHREの会場EXCEL LONDONがあります。

主要な駅や空港からのアクセスはコチラから

会場のHPはコチラ

まずは、空港からはblack cabを使われる方が多いと思います。

cab1
こちらが、写真は小さいですがラルフローレン前に止まっていたblack cab。まさにロンドン、な一コマ。

cab2
最近は色んな広告がされていて面白いですが、伝統は薄れてきています…

そして、何より早くて便利なヒースローエクスプレス
ヒースローエクスプレス
これは到着したパディントン駅

ヒースローコネクト
こちらはヒースローコネクト、お安く便利な急行列車

heathrow T1,2,3station
こちらがヒースロー駅の乗り場、カッコいいですねー

そして、tubeは安くてセントラルロンドンまでダイレクトで行けます
tube1
これがtube、丸っこくてかわいいやつです、丸いので背が大きい人は結構きつい

tube2
地下鉄ですが結構地上も走ります

tube3
これが内部、オリンピック時のシュールな一コマ

tube4
これを見つければtubeの入り口が傍にあります

券売機
こちらがtubeの券売機
一回券はもちろん一日券や日本のsuicaのようなカードのチャージもできます

オイスターカード
こちらがそのチャージできる、オイスターカード。この写真は現地用ではなく国外購入用。オイスターカードは券売機ではほとんど買えず、窓口で£5くらいのデポジットを払って購入できます。日本と違うのは、カードを使用した方がキップより安く乗れるということと、乗り越し精算ができないので注意が必要です。

記念にもなるのでぜひ購入して、tubeに乗ってお土産として持って帰りましょう☆

この辺りは「地球の歩き方」などガイドブックを参考にして下さい。

このオイスターカード、その他の列車やバスにも使えるので非常に便利です。
バス1
クリスマス頃のメインストリート、本当にきれいです

バス2
ロンドンでは視界にバスが入らないことがほとんどありません

バス3
セントポール大聖堂の前にて。絵になりますね。

バス4
これがダブルデッカーの2階、思い切って観光がてら2階に乗ってみましょう、上からの景色は最高ですよ

乗り方は、バス停で乗りたい番号のバスが来たら手を上げて止めます、そしてオイスターカードを入口でタッチ、あとは降りたい駅が次に迫ったらボタンを押して、止まってくれます。前払い、前乗り、後ろ降りです。

これらをうまく乗りこなして、ロンドン滞在中の乗り物ライフを楽しみましょう。

迷っても、乗り物だけでも十分観光になる街、それがロンドンです

Thanks,
ZuuMii

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

イギリス情報 ~その2 空港からの移動~

さて、イギリスの学会へ向けての第二弾は、
ロンドン・ヒースロー空港から街へのアクセスについて書いてみます

どうしても学会など、初めての国の空港に着くと地理が分からないのでタクシーに乗りがちですが、都市にいくのであれば、どの国も空港からは複数の便利で安い交通機関があり、それに乗って移動する間も非常に楽しいものです

特に乗り物好きにはたまらない、荷物を気にしながらも写真ばっかり撮ってしまう始末・・・

ロンドンには主要な空港が5つもありますが、日本からロンドンに行くとよっぽどの事が無い限り、ロンドン西部にあるヒースロー空港 Heathrow Airportに到着するでしょう。そこからセントラルロンドンへはいくつか交通手段があります。

空港からセントラルロンドンへ
概要はコチラ

タクシーブラックキャブ
45-60分程、約£70
タクシーミニキャブ
45-60分程、約£50
ヒースローエクスプエレス
パディントン駅まで約15分、片道£20、往復£34
ヒースローコネクト
パディントン駅まで約30分、片道£9.5、往復£19
地下鉄ピカデリーライン
ピカデリーサーカスまで50分程、£5程

さて、どれを使って行きましょう。

人数が3人以上なら、キャブがいいかもしれません、荷物もありますし、ホテルまでダイレクトで行けますし。基本的にはどちらのキャブも問題ないですが、タクシー乗り場にいるのは黒いキャブのみで少し割高です。ミニキャブはカウンターで呼んでもらう必要があるので少し手間かもしれません。ブラックキャブはロンドン好きの憧れの一つで、乗ってみる価値大です。通常5人は乗れますが、荷物があると3人が限度でしょう。

個人的にはホテルがパディントン駅周辺なら、ヒースローエクスプレスか、コネクトという、特急列車と急行列車が快適で早いのでオススメです。

値段で考えると、やはり地下鉄ですね。荷物は結構かさばりますが、ロンドンの地下鉄では大荷物を持っている人は非常に多く、想像以上にきれいで安全です(スリにだけは気を付けましょう)。このピカデリーラインはロンドン繁華街のど真ん中に繋がりますのでだいたい主要な場所の近くまでタクシーより速くダイレクトで辿り着けるでしょう。

ちなみに、ロンドンの地下鉄は、subwayでもmetroでもなくundergroundと言います、通称tube、会話ではtubeしか出てきません。

ZuuMiiは今回泊まるホテルがハイストリートケンジントンとパディントン(ギリギリ過ぎて全日程ではいいところが全く無く、しぶしぶ2つに分けて予約した・・・)というところなので、tubeかヒースローコネクトで行ってそこからローカルバスで行こうかと思っています。

合計で片道£10、タクシーよりは片道約10000万円の節約です
その分はお土産に回しましょう

年々、価格が上がるロンドン交通事情、住民からは常に不満の声が聞こえてきます。皆さんの手元にある資料より値段が上がっている、なんてことはこの街ではしょっちゅうある事の様です。

ちなみに学会会場はヒースローと正反対のロンドン東部にあります
みなさんはホテルの位置に迷われたのではないでしょうか?会場近くにするか、便利なセンターにするか。

次回はもう少し、学会会場までの道のりやローカルバス、地下鉄など、街に入ってからのロンドン交通事情についてお話します。

Thanks,
ZuuMii

theme : 妊娠・出産
genre : 結婚・家庭生活

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。