04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログへのモチベーション

学会に参加して多くの方とお話をしますと、

「ブログ見てます」

というお声を頂けます。

閲覧されている件数はギョーカイ的に言いますと、
30症例60周期/day 程で、多くはないんですけどね

さらに上級な持ち上げ方になると、

「ブログを見て胚培養士に興味を持ちました」

「ブログでこの世界を知り、就職しました」

社交辞令の含量が多めだと分かっていても・・・
どうやら悪い気はしないみたいです 笑

しかし、ZuuMiiのあまのじゃくぶりはなかなかで、うれしいことを言って頂けても、「いやあ、まあそら面と向かってなかなか悪いことは言えませんよねえ」なんて・・・恥ずかしいんですかね、ツンデレですね

患者さんからは、開院当初はよく

「ブログの方ですよね」

「ブログを見てここに決めました」

と言って頂けたことを鮮明に覚えています。
これは本当に嬉しかったですし、少しでも助けになっていれば、やってて良かった、と心から思います

さて、このブログの目的は、当初の想いと変わっているのでしょうか。

あえて昔のブログを掘り下げずに考えると、「胚培養士の認知度向上」で、そこから「治療への望み易さ」、「この分野で働いていくことのささやかな助け」に少しでもつながれば、ということだと思います。

そしてブログをきっかけに、モチベーション向上の相乗効果をもたらせば、そんな最高なことはありません。

見て頂けなければ、ただの自己満足の日記になってしまいます。

もし、診療の中でお会いすることがあれば、また学会でお会いすることがあれば、ぜひ「ブログ」きっかけでお話ができれば冥利に尽きます。

サッカーの話とか、ひつじの話とか、患者さんと何気なく話したことを覚えていますが、そういうアットホームな空気感もZuuMiiが提供したいもののひとつです。

ZuuMii
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

1ヶ月ぶりの内容は・・・

みなさま、お久し振りです、どうもZuuMiiです。

約1ヶ月もブログを更新していないと、さすがに内外から

何故更新しないの?

全然仕事していないんじゃ?

書くネタも尽きましたか?

などなど、皮肉にも似た声を頂きます

違いますよ、仕事しているから、書けないんです

最近は、本業(もちろん胚培養士の仕事)がブログ開始当初、開院直後よりも忙しくなっており、なかなか頭の余裕をブログに回せていない、ということです

最初は確かに不妊治療の現状を広めるため、胚培養士という仕事を知って頂くため、後輩に何か少しでもいいアイデアを提供するため、どちらかというと自己的に始めた訳ですが、最近は確かに仕事の一部となっていたような気がします。

このブログは、オープンな内容が「売り」で、ZuuMiiとクリニックの素性を(ほぼ)明かした上で、現場の実際を届けることが目的です。今後もこのスタンスは維持したまま、さらに患者さんとの会話でよく聞かれること、実際に知りたいけどなかなか聞けないことなど、お届けしていきたいと思います。

今後とも、ゆるく、見て頂けたらと思います

最後に・・・

もちろん見て頂くためにこのブログを書いている訳ですが、このギョーカイの方々、特に自分より先輩に当たる方々がブログを見て頂いていることが分かった時はなかなか、恐縮ですね、気恥ずかしいと言うか。何かご意見ありましたら、学会等でお会いした際に忌憚なくお申し付け下さい。

久々にブログを書いたと思ったら、独り言でした、失礼致しました。

Thanks,
ZuuMii

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

ブログタイトルの何故

昨日今日と春の嵐が吹き荒れていて、せっかくの週末に春服を着て街に出て、寒い思いをした人は多いのではないのでしょうか?ZuuMiiもその1人です、4月を甘く見ていましたね、もう桜とはサヨナラです

今日はきっとみなさんにとってどうでもよい話題です。

このブログのタイトル、We Are Embryology Teamって何故こんな分かりづらいタイトルを付けたのかって言う話です。

そうなんです、何のブログか分かりづらい上、検索にもかかり辛い、タイトル向けではないこのタイトルの由来をお話しします。

このエンブリオロジーチームって、イギリスで研修中に、胚培養士がよく他の部門から言われていた言葉で、胚培養部門の呼び名です。初めて聞いたときは違和感がありました、あれ、エンブリオロジスツとか、エンブリオロジストチームとかラボチームとかそんな感じだと思っていました。Embryology=生殖学、発生学ってイメージでしたから。「受精卵を扱う者たち」って意味はなかなか汲み取れませんでした。研修スタートから、英語の辞書と実際の使われ方の関係にギャップを感じたので、印象に強く残っています。そんな経験から、この名前をタイトルに入れました。


「チーム」って言うからには複数人では?
でも・・・このブログは一人で書いています。

これには、一つの想いがあります。

一人で書いてはいますが、あくまで私個人の経験や意見だけではなく、不妊治療業界、培養業務に関わる様々な方の想いも載せて、広くお伝えしていきたいとの想いからTeamとしました。

タイトルのセンスってきっと大切なんですよね。
これが、良いか悪いかは分かりませんが、今日は少しゆる〜いお話でした

Thanks,
ZuuMii

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。