02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体外受精で生まれた児について 最新2014年版

みなさま、お久し振りです、ZuuMiiです。

どの程度ご無沙汰かと申しますと、なんと、ちょうど2年ぶりとなります。

リプロ大阪が開院してから40ヶ月が経ちますが、その中での24ヶ月ぶりです、時の経つのは早いもの、の域を超えていますね。

良くも悪くも、社交辞令も含めて、「ブログ更新して下さいよ」、「楽しみにしていました」と言われます。関係者が特に多いですね。はい、ご指摘の通りサボりかもしれませんが、止まっていた理由は2つ、ハッキリしています。また機会があればお話しします。単純ですが、しっかりとした理由だと私は思っています、言い訳ですが。

ですので、気付かれず、ひっそりと、何も無かったかのように再開します。本当は書きたいこと、皆さんに伝えたいことはたくさんあるのです。

さて表題の、「2014年に体外受精で生まれた児について」です。

グラフを見ていただくのが一番わかりやすいと思います。

2014 ART


日本で、100万人を切ろうかとしている出生児数に対して、右肩上がりで伸び続けるART出生児数を示したグラフです。

2014年は47,322人のお子さんが体外受精によって誕生し、全出生児に対する割合は21人に1人、になりました。

体外受精の技術を使用して生まれた割合です、不妊治療全体ではありません。この47,322人という数が多いのか少ないのか、人によって意見は分かれるかもしれませんが、増加していることは確かです。

2014年のARTの生データはコチラ

前回の記事、2年前なので継続性が疑われますが、あえて継続させると、

10年前の50-60人に1人の割合の時に比べると、「不妊治療をしていること」を周りの人に打ち明けやすくなったとは思います。

しかしこれは、あまのじゃくな私が聞いても、珍しく素直に?首を縦に振っていましたが、「実際に体外受精によって生まれた子を、''この子は体外受精で授かったんです''とは言えない、と言われる方が多いです」と、NPO法人Fineの松本亜樹子さんは言われていました。まさにその通りだな、と思います。

NPO法人Fineの紹介はコチラ

「体外受精で生まれた」ことはあえて言うことではないかもしれませんが、割合がこれだけ増加し、社会の不妊治療の認知度も向上してきた中であっても、このような会話が比較的自然にできる社会ではない以上、体外受精はまだまだ特別なことなんだな、と感じました。

我々関係者は、この割合を引き合いに出し、「現在では体外受精は特別なことではない」、とお話をすることがあります。しかしこれは、治療を受けた方々、社会の感じ方と少し解離があるかもしれません。

不妊治療の提供者、現代のエンブリオロジストの重要な仕事の一つに、正しい体外受精の知識を社会に広めること、があると思っています。現在では全国で2000名程度従事していると言われていますが、一人一人がプロとして自覚を持って全うしていければ、より治療を受けやすい社会・環境になっていけるかな、と思っています。

ZuuMii
スポンサーサイト

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

日本で、体外受精で産まれた児について

久し振りに、本ブログのメインテーマ、体外受精のお話です。

少し前になるのですが、日本の体外受精の最新データが日本産科婦人科学会より発表されました。

この世界で働く人にとって、このデータを知っておくことは重要で、mustな訳ですが、ぜひ治療を受けている人にもこの現状は知っていて頂きたいと思います。

2012年度データはコチラ

これによると、2012年に体外受精の技術によって生まれたこどもの数は、37,953人です。出生児全体では、1,037,231人で何とか100万人を割らなかったところ。なんと、27人に1人という割合でした。

これは、ブログの開設当時にZuuMiiが書いた、2010年の「32人に1人」の割合を大きく更新しました。
体外受精児2012


2005〜2007年頃に一旦頭打ちかなと思われたところ、そこからまた急激な件数の伸びを見せました。

その要因は一体なんでしょうか??

晩婚化などによる妊娠しにくさの増加は考えられますが、ZuuMiiは、おそらく「体外受精の認知度の向上」によるものではないかと思っています。この時期は、テレビや雑誌、ネットでの取りあげが加速した時期でもあります。

一般的な認知度が上がると、周りからの理解を得易くなります、一般不妊治療からのステップアップに移行し易くなります、治療を受ける人の年齢も上がってきていますし、その様な状況で先生も治療を易くなります。

結果的に治療のハードルが低くなり、体外受精を受ける人が急増したのではないかと考えています。

不妊症の方が増えている、のではなく、治療を受ける人が増えた、考えるのが自然だと思っています。

確かに、ZuuMiiがエンブリオロジストになった頃と比べても、状況はかなり変わったと感じていて、治療を受けることに関しては以前ほどクローズな感じではなくなった、と思います。

これは、諸先輩方、あるいは治療を受けて、これから治療を受ける人のために治療体制の改善を促し続けた人達による頑張りがあってのことで、その効果は十分だったと思います。

と、ここまで、ZuuMiiは疑う余地のない確信がありました。もちろん、まだまだこれから治療を受け易い環境づくりのためにしなければいけないことなど、ビジョンはあります。

ですが、ふと、とある方の講演を聞いて、
「あ、ほんまや、これじゃあかんやん」と思うことがありました。
つい2週間程前のことです。

ちょっと長くなったので、今回は出生児のデータがメインで、次回続きをお送りします。

Thanks,
ZuuMii

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

アジアカップの結果に思う

みなさま、あれだけ期待させる、いや期待していた(騙されていた?)のはZuuMiiだけではなかったと思いますが、アジアカップの敗戦という「結果」は非常に残念で苛立ちを覚える程でした。

日本 1 vs 1 UAE (4 PK 5)

試合が終わって、負けて、特に負けた内容が、けちのつけどころがあって、「善戦」ではなかった場合、ネット、メディアを通じて結果論を叩かれるのは相変わらずで、それがまたさらに、嫌な気分にさせられます。

今大会は、前回も書きましたが、チームとしての成熟度が上がってきて、コンディションの良い選手が増えてきている、これはさらに試合を重ねれば、優勝の可能性はもちろん十分にある、と思っていました。

色々な意見がありますが、この散々な試合内容を見ても、「サッカーのうまさ」に関しては疑いの余地が無く、10回闘えば9回は勝てる、今でもそう思います。もちろんこの結果は非常に残念で、楽観的に言っている訳ではありません。

アジアカップで優勝に手が届かないと、今後世界で闘うのは厳しいのです。過信や慢心、過剰な期待ではなく、その実力はあるし、2連覇での優勝は至上命題だったのです。

ただ、「負けた方が弱い」というのは間違いなく、UAEより弱かったのでしょう。

問題点は、
・疲労 中二日の過密日程
・選手起用 調子の悪い選手を使った?
・決定力の無さ 鍛えるべきはシュート精度とメンタル?

中二日のコンディション低下(4試合とも同じメンバーをスタメンで起用)が一番の理由に挙げられていますが、それは、スタメンの牙城を崩す期待された選手がサブにいなかったのが問題です。監督はじめスタッフが、このメンバーでいかなければ勝てないと思わざるを得なかったことが問題です。

何故、チームで活躍できていない選手が起用され続けるのか、という議論もよく出ますが、これもやはり、4年に一度の重要な大会で、それらの選手より期待された選手がいなかったということでしょう。その結果、期待値が高い分、香川は矢面に立たされています(調子が悪く期待していないという人もいるかもしれませんが)が、それは結果論です。

PKで外しそうな雰囲気は、誰もが感じとったでしょうが、PKは歴史を見ても、エースと言われる選手が外すものです。むしろ、本田の方が8年前の俊輔と三都主のように大きく外すんじゃないかと、思ってましたが、本当にあのシーン、左利きでの同じ外し方はデジャヴのようでした。

決定力の無さは、日本の永遠の課題と言われていますが、今までと今回ではちょっと訳が違うと思います。これまでのアジアでの闘いでは、本当に決定機、と言えるものは実はそんなに多くなく、引いた相手のゴール前まで近づけておらず、ただボールを回しているだけで、「苦し紛れ」が多かった印象です。今回は、明らかなチャンスがいくつもあり、それをことごとく外していました。それはスタメンの選手もそうですし、交代で入った選手、武藤、豊田も同じです。

この試合でのデータは

68.1% ボール支配率 31.9%
35本 シュート 3本
8本 枠内シュート 2本
18本 コーナー 0本
54 クロス本数 4
799 パス本数 396

これで5,6点入っていたら理解できますが、強豪が弱小チームと試合しても、こんなデータ中々見られません。これは、偶然でももっとゴールに入る確率です。シュートを打てばこぼれ球もありますし、クロスをあげればクリアミスや、ディフェンスに当たってコースが変わり、1点くらい入ってもいいものです。ですが、この日は運すらなかったのかもしれません。

プロとして、シュート練習なんて当たり前ですが行っていて、日本で一番うまい集団です。メンタルなんて一体どうやって鍛えればいいのか。海外で試合をする選手が増えて、一昔前よりその辺は鍛えられているのではないのか。

つまり、これは一朝一夕で修正できるものではないんですよね。

そう考えると、(日本代表の試合で)決定力の高い選手が出てくることを期待して起用し続けるしか無い、ということになってしまいます。

最終的には、アジアカップに優勝した国に与えられる、ワールドカップの一年前に行われる(次回2018年はロシア)コンフェデレーションズカップの出場権を逸してしまいました。

ただ、ここはポジティブに考えましょう、2004年、2012年のアジアカップの優勝後コンフェデに出場した時のワールドカップ、ドイツとブラジルは散々な結果でした。ムリヤリですが・・・

ブラジルワールドカップの時は、よく分からない、落胆と言うか、悔しくもない、悲しい気持ちに脱力しましたが、今回はしっかりしろよ、という怒りの感情が大きかったです。本当に残念です。

これから、本格的にイチからのチーム作りに入ると思います。若い世代はアジアで負け続けているのが現実ですが、急成長に期待します、そのためにもみなさん、懲りずに応援しましょう

長々と、の話、失礼しました

Thanks,
ZuuMii

theme : 不妊治療
genre : 結婚・家庭生活

検索フォーム

リンク

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。